救急・労災・精神保健福祉法指定 医療法人福仁会病院

TOP
トピックス
外来受診ご案内
精神科
認知症について
睡眠外来
精神科デイケア
入院のご案内
サポート体制
ストレスチェック
よくある質問
最近の話題
リンク集

個人情報の保護について
サイトマップ



初めての方へ 診療医師担当表 認知症について 睡眠外来
精神科デイケア 医療制度



睡眠外来
睡眠障害とは眠気チェック代表的な病気について
 睡眠障害は現代社会を反映する特徴的な病気と言えます。社会の複雑化や高齢化・肥満化傾向・睡眠不足や不規則な生活リズムなどに影響され、睡眠が障害されると、身体も精神も影響を受けます。質のよい睡眠は、健康な生活を継続するために不可欠と言えます。「何かおかしいな」と思ったら専門医の診察を受けましょう。



睡眠検査のご案内

MSLT(睡眠潜時反復検査)
  日中の眠気を評価します。前夜に良眠していただき、日中に脳波を測定します。
  昼間1日の検査です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査
  夜間睡眠時に検査・記録を行います。携帯型(簡易型)検査の結果により、PSG
  (終夜睡眠ポリグラフィー)による精密検査を検討します。
  携帯型検査は、持ち帰っていただく装置を身に着けて、自宅でいつも通りに就寝して
  いただきます。
  PSG(精密検査)は当院にて1泊2日で検査します。
▲ページ先頭へ戻る



睡眠障害について

睡眠障害とは、睡眠に関して何らかの問題がある状態です。
日本では、成人の約21%が不眠に悩み、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査報告があります。
「睡眠に問題がある」というとまず思い浮かぶのは「不眠」ですが、それ以外にも、昼間眠くて仕方がない・睡眠中に病的な運動や行動が起きている・睡眠のリズムが乱れて戻せないなどの特徴をもつ疾患もあります。
睡眠障害によって、日中の眠気やだるさ・集中力の低下などが起こると、日々の生活に支障をきたし、場合によってはさまざまな事故につながることもあります。
また、睡眠障害が長期間持続すると、生活習慣病やうつ病などにかかりやすくなると言われています。そのため、睡眠障害は放置せず、適切に対処することが重要です。睡眠障害の治療は疾患によって異なり、薬の服用だけが睡眠障害の治療ではありません。症状やサイン、診察や検査の結果から、その原因となる疾患を適切に診断し、原因に応じた治療を行うことが必要です。
眠気チェック
▲ページ先頭へ戻る



問診表について

問診表をダウンロードして、事前にご記入いただけます。
問診表のダウンロードはこちらから
来院時にご持参いただき、受付では「記入済みです」とお伝えください。



代表的な病気について
不眠症

「寝ようとしてもなかなか眠れない」
「眠りが浅く、夜中に何度も起きてしまう」
「長時間寝たのに、起きてもスッキリせず疲れを感じてしまう」
「朝早くに目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなる」
これらの症状を週に3回程経験するようになり、それが1ヵ月以上続く場合、不眠症の可能性があります。成人日本人のおよそ2割がこれらの症状に悩まされているとの調査報告もあります。

不眠症かもしれないと思ったら・・・
当院にて検査・診断・治療いたします。まずは予約のお電話を下さい。

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)

「足がむずむずして落ちつかない」
「足の不快感のためじっとしていられない」
などの症状が現れます。この症状によって睡眠が阻害されるために、睡眠障害のひとつに分類されています。
「足の中」に不快感を生じる人が圧倒的に多く、ふくらはぎ・太もも・足首などにこの不快感を感じます。皮膚の表面に異常があるわけではないので、肌をさすったり掻いたりしても不快症状がおさまることはほとんどありません。

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)かもしれないと思ったら・・・
当院にて検査・診断・治療いたします。まずは予約のお電話を下さい。

レム睡眠行動障害

50歳以上の比較的高齢な男性に多くみられ、不快な夢の中で知らない人や動物などと対決したり追いかけられたりする状況となり、手足を激しく動かしたり、蹴ったり走り回ったり、大声を上げたりします。目を閉じたまま、夢の中での出来事に応じて動こうとするので、ベッド周りの物が壊れたり、ベッドパートナーを含め怪我を負うこともあります。本人かベッドパートナーが睡眠関連の傷害を受けることで受診にいたることが多い病気です。

レム睡眠行動障害かもしれないと思ったら・・・
当院にて検査・診断・治療いたします。まずは予約のお電話を下さい。

夜驚(やきょう)症

夜泣きと夜驚症はどちらも睡眠障害ですが、夜泣きは生後数週間から出現し、乳幼児期を通じて続くこともあります。夜驚症は2、3歳以後に現れることが多く、通常は思春期までには自然に消失します。
  睡眠中に突然、覚醒する(入眠後2時間以内が多い)
  強い恐怖の表情や動作を示し、汗をかき呼吸や脈がはげしい
  家族が起こしても反応が遅い
  本人に翌朝尋ねてもあまり覚えていない
などの特徴があり、てんかんとの鑑別が必要な場合には脳波検査を行います。

夜驚(やきょう)症かもしれないと思ったら・・・
当院にて検査・診断・治療いたします。まずは予約のお電話を下さい。

ナルコレプシー(過眠症のひとつ)

  夜に10時間以上も眠り続け、日中も耐え難い眠気に襲われる
  家電の電源を落としたかのように、突然眠り始める
など、場所や時間に関係なく、眠りに落ちてしまう病気です。驚いたり喜んだり、頭に血が上ったりしたときに全身の身体の力が抜けてしまうといった症状がみられたり、睡眠時に金縛り・悪夢などを伴うことがあります。

治療しないと
この耐えがたい眠気は、試験中や重要な商談中、自動車の運転中などにもおこり、これが職業上の失敗、学業成績の不振、事故などさまざまな不利益の原因にもなったり、社会的不適応をまねいたりします。

過眠症(ナルコレプシー)かもしれないと思ったら・・・
当院にて検査・診断・治療いたします。まずは予約のお電話を下さい。

睡眠時無呼吸症候群

眠っている間に呼吸が止まる病気です。気道(鼻や喉)が何らかの理由で塞がってしまい、呼吸が出来ず一時的に窒息状態となります。症状は、激しく大きないびきです。そのいびきが10秒以上、時には60秒以上消失し、再度激しいいびきが出現、その繰り返しがみられます。

治療しないと
以下の病気の発症や悪化の原因となり、生活上の危険性が増えます。
  高血圧 ・心筋梗塞 ・脳卒中
  いねむりによる自動車事故や仕事上のトラブル
  生活の質(QOL)の低下

睡眠時無呼吸症候群かもしれないと思ったら・・・
当院にて検査・診断・治療いたします。まずは予約のお電話を下さい。

▲ページ先頭へ戻る



Copyright 2006 福仁会病院 All rights reserved.
病院案内 診療時間・アクセス 初めての方へ お見舞いの方へ