救急・労災・精神保健福祉法指定 医療法人福仁会病院

TOP
トピックス
外来受診ご案内
精神科
睡眠外来
精神科デイケア
入院のご案内
サポート体制
ストレスチェック
よくある質問
最近の話題
リンク集

個人情報の保護について
サイトマップ



初めての方へ 診療医師担当表 睡眠外来 精神科デイケア 医療制度



精神科-医療制度について-
自立支援医療制度について精神障害者保健福祉手帳について
通院医療費の助成事業について
自立支援医療制度について

精神科の病気で、病院や診療所などに通院して治療を受ける方のための、公費による医療費の補助制度です。
この制度を利用すると、かかった医療費の10%が自己負担(※)となり、残りは医療保険と公費でまかなわれます。
制度を利用するためには申請手続きが必要となります。

自己負担額は、世帯の所得区分やその方の疾病に応じて、1ヵ月あたりの自己負担上限額が設けられる場合があります。(世帯とは自立支援医療では同一健康保険の者を指します。)
▲ページ先頭へ戻る



申請手続きについて

申請に必要なもの

  申請書(市町村担当窓口や当院窓口にあります。)
健康保険証
医師の診断書(※1)
所得を確認するための書類(※2)
印鑑   など

  ※1 診断書料が必要です。(当院の場合:2,100円)
  ※2 必要な書類については、お住まいの市町村窓口
または当院窓口にてご確認ください。

申請方法

  申請に必要な書類を揃え、お住まいの市町村の担当窓口にご提出ください。

申請が終わったら

  自立支援医療受給対象者には、後日「自立支援医療受給者証」が交付されます。
受給者証に記載された医療機関や薬局に毎回受給者証を提示し、かかった医療費の自己負担額を支払います。
自己負担額は、世帯の所得区分と疾病に応じて1ヵ月あたりの自己負担上限額が設けられる場合がございます。
なお、「自立支援医療受給者証」の有効期間は1年間です。

その他

  有効期間中、氏名や住所の変更、世帯状況や加入する医療保険の変更、かかっている医療機関の変更など、「自立支援医療受給者証」に記載されている内容に変更が生じた場合は、変更申請の手続きが必要となります。

  申請に必要な書類は加入保険者の所在地によって異なる場合がございます。
申請にあたっては、事前にお住まいの市町村役場または当院窓口などでご相談、ご確認ください。

この制度のことをもっと知りたい方は下記ホームページをご覧ください。

●厚生労働省(WAMNET提供)ホームページ
「障害者福祉」→「障害保健福祉主管課長会議」

●福井県ホームページ
「組織でさがす」→「障害福祉課」→「障害者自立支援法」
▲ページ先頭へ戻る



Copyright 2006 福仁会病院 All rights reserved.

病院案内 診療時間・アクセス 初めての方へ お見舞いの方へ