救急・労災・精神保健福祉法指定 医療法人福仁会病院

TOP
トピックス
外来受診ご案内
精神科
睡眠外来
精神科デイケア
入院のご案内
サポート体制
ストレスチェック
よくある質問
最近の話題
リンク集

個人情報の保護について
サイトマップ



あいさつ 沿革 概要 設備 病棟
診療時間・アクセス 社会貢献の取り組み



社会貢献の取り組み
 近年、企業のCSR(企業の社会的責任)がクローズアップされ、企業の説明責任が問われるようになってきたほか、企業も社会を構成する一つの団体として、社会に奉仕していくことが求められています。当院も、社会の一団体として、いくつかの社会貢献活動を行っています。一部ではありますが、ご紹介したいと思います。

1.SELPの自動販売機の設置
  SELPの自動販売機 SELP(SELF HELP「自助自立」から作られた言葉)は、施設などで障がいを持たれる方が作られた生産品などの流通を良くしようと活動しているNPO法人です。SELPの自動販売機を病院内に設置することで、自動販売機から得られる利益の一部を障がいを持たれる方たちへの支援に役立てていただいています。
2.ペットボトルキャップの回収
  ペットボトルキャップの回収 ペットボトルのキャップをリサイクルすることで、ポリオワクチンとして寄付することができます。これはエコキャップと呼ばれ、ゴミ、二酸化炭素の削減にもつながっています。職員をはじめ、患者様にもご協力をしていただきながらキャップのリサイクルに努めています。
 実績として、これまでに18,080個のキャップが回収され(2009/3/25時点)、22.6人分のワクチンを寄付することができました。
3.生ゴミを肥料にリサイクル
   当院では、毎日三食給食を配膳しています。そのため、生ゴミも多く排出されます。少しでもゴミの量を減らすために、生ゴミ処理機を使って生ゴミを加工し、肥料にします。これらはデイケアなどで行われている「園芸活動」において、植物を育てる肥料として用いることもあります。
4.シュレッダーダストのリサイクル
   病院ではたくさんの紙媒体のゴミがシュレッダーによって排出され、その量はとても多くなります。そこで、当院では、シュレッダーによって排出されたゴミを製紙業者に依頼し、回収していただいています。その後、シュレッダーダストはトイレットペーパーとして生まれ変わります。この活動もゴミを削減し、リサイクルを促進する活動の一つとなっています。



Copyright 2006 福仁会病院 All rights reserved.

病院案内 診療時間・アクセス 初めての方へ お見舞いの方へ